新OPAP-JPコンテンツ利用規約に関する特別決議について

説明

このメールは、作品のライセンスに関する重要な連絡内容ですので、OPAP-JPにご登録頂いている皆様に一斉連絡しております。

2020年1月31日までに、本件についてご意見がある方、正会員の皆様はご対応をお願い致します。

現在、利用の際のクレジット表示を簡素化することを主な目的として、これまでの作品と今後の作品に適用するライセンス(利用規約)を変更することが特別決議の議案として提案されています。

この決議が可決された場合、クレジット表示に関する条件が緩和され、「出典:OPAP-JP」というような簡易なクレジット表示で当団体の作品(こうしす!など)を利用することが容認されます。(一部、同意を得られていない素材・資料や、その素材・資料を使用した作品を除く)

このような対応が必要になった理由については、以下の議案のページをご覧ください。

https://jira.opap.jp/browse/GM-11

本決議について議決権を持つのは正会員のみですが、すべての方が意見を述べることができます。もしご意見がございましたら、2020年1月31日までに上記の議案のページにご意見をご投稿いただければ幸いです。

(書き込みにはログインが必要です)

※本メールには返信できません

担当者

井二かける

報告者

井二かける

宛先(グループ)

jira-users

宛先(ユーザー)

None

優先度

重大