scriptで記録を取るとXセッションが立ち上がらない

説明

Ubuntu 12.10
#28 の対応を入れていると、Xセッション(ウィンドウマネージャ?)が起動出来ず、ログインしようとしても直ぐログイン画面に戻ってしまう。
sshでのみ使用していたため気付かなかった。

Activity

Show:
井二かける
March 20, 2013, 7:34 PM


<pre>
if [ -z "$UNDER_SCRIPT" ]; then

logdir=/var/log/terminal-logs/`whoami`

if [ ! -d $logdir ]; then
mkdir $logdir
fi
logfile=$logdir/$(date '+%Y%m%d-%H%M%S').$$.log
export UNDER_SCRIPT=$logfile
script -f -q $logfile
exit #←ここを削除
fi
</pre>


<pre>
if [ -z "$UNDER_SCRIPT" ]; then

logdir=/var/log/terminal-logs/`whoami`

if [ ! -d $logdir ]; then
mkdir $logdir
fi
logfile=$logdir/$(date '+%Y%m%d-%H%M%S').$$.log
export UNDER_SCRIPT=$logfile
script -f -q $logfile
fi
</pre>

exitを実行してしまうと、lightdmのセッションも終わってしまう。
そもそも、profile.dの中のスクリプトはsourceで呼び出されるため、exitは使ってはいけない。

作業完了

担当者

井二かける

報告者

井二かける