新OPAP-JPコンテンツ利用規約の導入と適用についての特別決議

説明

開催日・回答期限:2020年1月31日(金) 23:59
正会員の皆様は、上記の日付までに賛成か反対かの意思表示をお願いします。

【決議事項】

  1. 新しくOPAP-JPコンテンツ利用規約(以下「新規約」)を導入すること

  2. 現在CC-BY 4.0が適用されている「こうしす!」の作品・素材のうち、CLA同意または著作権譲受を受けたものに関して、新規約を適用すること

  3. CC-BY 4.0でライセンスを受けているがCLA未同意の状態の「こうしす!」の作品・素材について、CLA同意を得られ次第、新規約を適用すること(※CLA策定前に外注したキャラクターデザイン(御来屋みく、亀田、月田万作)など)

(補足)

新規約オンリーに切り替えるのではなく、*今後も従来通りCC-BY 4.0も併用します*。コンテンツ利用者は、CC-BY 4.0に基づき利用するか、新規約に基づき利用するかのどちらかを選択できる形となります。(いわゆるデュアルライセンス方式)

また、一部キャラクターデザイン・素材等の作者がCLA(貢献者ライセンス同意書)未同意の状態(一部は音信不通)のため、作品全体に新規約を適用することは当面できません。当初は、既にCLAに同意を得ている方が作成したキャラクターデザインだけに新規約を適用し、順次、確認しつつ適用範囲を拡大してゆく形となります。

 

【決議の目的・理由】

この決議により、こうしす!関係のコンテンツの利用規約が若干緩和されることとなります。利用規約の緩和が必要となった理由は以下の通りです。

1.CC-BY 4.0の規約に完全に準拠して正しくクレジット表示することが困難であること

CC-BY 4.0では、厳密には大量のクレジットを表示しなければなりません。著作権表示(あれば)、CC-BY4.0ライセンスを参照する表示(あれば)、 「無保証」を参照する表示(あれば)、作品のURL(合理的に実施可能なら)、改変の有無、従前の改変点、CC-BY4.0ライセンスの規約本文かURLを表示しなければならないこととされています。しかし、現実問題として、ここまできっちり記載できている例は公式作品を除けば希有であり、公式作品でもミスがある可能性があります。

現在は、https://opap.jp/contributors に必要事項を全て記載し、https://opap.jp/contributors へのリンクを記載すればOKという運用にしていますが、それでも第三者の利用においてはURLの記載漏れが目立ちます。また、新聞・掲載誌等の規約などによって、URLを掲載できないこともあります。

また、二次利用の観点でも
・LINEスタンプではクレジットに記載できるは1行かつ文字数制限があり収まらない
・VRMモデルを作成する場合、著者欄には1行しか入力欄がなく、複雑な記載が難しい
・Twitterのツイートの制限文字数に収まらない
というような状況も発生しており、簡潔な表示方法が求められています。

さらに、最近発生した新たな懸念事項としては、書籍化に伴い、こうしす!のファンアートやメディア露出が増えることによって、厳密にはライセンス違反となる事例も頻発することが予想されるということがあります。

そのようなことから、今回の議案においては「OPAP-JP contributors」または「OPAP-JP」のみの簡潔な記載方法を容認(追認)するという意図があります。

 

2.CC-BY 4.0では、DRM等の著作権保護技術の適用が原則禁止されている

例えば、こうしす!をTV放送したり、電子書籍を配信したり、こうしす!のスマホアプリを配信したり、VRゲーム内でこうしす!の3Dモデルを使用したり……といった利用方法がライセンス違反となる可能性があります。

米国クリエイティブ・コモンズの公式FAQによると、「DRMの適用は禁止だがDRMなしの入手手段を提供すればセーフ(意訳)」ということになっており、現状ではこれに従ってDRMなしの入手手段を用意しています。

しかし、例えば「こうしす!のキャラクターデザインがDRMなしで入手できるから、二次利用作品にDRMを適用していいのか」という点については不明確です。FAQの記載内容についても若干矛盾しているように読める点があり、米国のクリエイティブ・コモンズに問合せを送りましたが、現在の所なしのつぶてです。

こうした部分で、意図せずライセンス違反状態とならないようDRM禁止条項がない利用規約を用意するという意図があります。

 

【新規約本文】

OPAP-JP コンテンツ利用規約(第1.0版)

OPAP-JP コンテンツ利用規約(第1.0版)(以下「本規約」といいます)の適用が明示されて当ウェブサイトで公開している情報(以下「コンテンツ」といいます。)は、どなたでも、以下の条件を遵守することを条件として、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。商用利用も可能です。

・コンテンツを、OPAP-JP以外の者やその意見について、OPAP-JPが承認・支援・後援・賛同・支持等をしていることを表示するために用いてはいけません。

・翻案・変形等がされたコンテンツについて、そのような翻案・変形等があるにも関わらず、翻案・変形等が無いものと誤認されたり、翻案・変形等の出所がOPAP-JPであると誤認される表示を行ってはいけません。

・コンテンツを利用する場所において出典を記載する必要があります。出典の記載方法は以下の例を参考にしてください。

(出典記載例)
1. コンテンツを改変せず利用する場合の記載例
 (推奨)
  ・出典:「こうしす!」  ©OPAP-JP contributors (https://opap.jp/contoributors )
 (簡略版)
  ・出典:OPAP-JP
  ・©OPAP-JP
 など

2. コンテンツを翻案・変形等して利用する場合の記載例
 (推奨)
 ・「こうしす!」©OPAP-JP contributors (https://opap.jp/contoributors )をもとに○○が改変して作成
 (簡略版)
 ・原作:OPAP-JP 改変者:○○
 ・原作・改変元:OPAP-JP
 など

 ※赤字で示した部分は、適用する作品名や、作品名義、公開時の状況によって変更される部分です。現状は上記のままで適用します。

 ※規約作成にあたっては、弁護士の氏にご協力いただきました。これまでの検討・議論については、以下の課題のコメント欄を参照してください。
https://jira.opap.jp/browse/MANAGE-22

 

 

【議決について】
・本日から会員総会の開催日までに質疑応答と賛成・反対の意思表示をお願いします。
・本決議は、定款第17条第2項第5号に定められる「 本団体が制作する創作物に適用されるライセンスの変更」の特別決議となります。
・可決には、正会員の3分の2以上の出席・意思表示(定款第16条)と、出席・意思表示者3分の2以上の賛成(定款第17条第2項)が必要です。
・期間内に複数回の意思表示を行った方については、最後の意思表明を有効票とします。
・正会員以外は決議に参加できませんが、質問や意見を述べることは可能です。

 

Activity

Show:
井二かける
February 9, 2020, 2:31 PM

ありがとうございます。

出席者6名(正会員9名のうち3分の2)
賛成6名 反対0名 

上記により本議案は可決されました。

夏野未来
January 30, 2020, 3:29 PM

賛成します。

草宮るみあ
January 30, 2020, 1:37 PM

賛成です

井二かける
January 30, 2020, 12:51 PM

明日1/31が締切です。
まだ賛成・反対の意思表示をいただいていない皆様は、明日1/31の23時までにご対応をお願いします。

※参考:今回、議決権を持つ正会員の皆様は以下の通りです。(敬称略、既に意思表示済みの方も含む)

Dover
Lingerie
るみあ@草宮
キュアカイシャイン玉虫
井二かける
夏野未来
如月ほのか

0たか

0たか
January 23, 2020, 4:12 PM

賛成です

完了

担当者

井二かける

報告者

井二かける

期日

2020/01/31

優先度

重大

ラベル